黒岩工務店の挑戦

皆様に「安心・安全・健康」な本物の住まいを知って頂くために挑戦します。

素材たち

黒岩です。

日本の建築に疑問を抱いてもう8年。

これから日本の建築はどこへ向かうのかって?

真剣に考えます。

少子高齢化は進む。

人口は減る。

消費税は増える。

これらは、どの産業にも共通することですが・・・。

ここからが日本建築特有の問題点。

おかしな法律で規制されていたり・・・。

木造建築の技術が低い。

正確には、建材が駄目。

以前とあるハウスメーカが海外へ進出したことがあります。

が・・・。

1年ともたずに撤退。

なぜって?

海外のすまいの材料のほうが優れているに日本の材料で造ると価格も高い。

外壁材のサイディング。

内装に使用されるビニールクロス。

これらは日本だけでしか使用されません。

そして、粗悪ですから海外への輸出も行われていない事実。

木造技術は、本来は素晴らしいものです。

ところが・・・。

残念なことにある時代をさかいに捻じ曲げられたおかしな日本特有の建築

に変わってしまいました。

そのおかしな技術はもう方向転換できず、その技術を守るためにおかしな

法律が次から次へとつくらているのが現状なんです。

なぜこんなことがおこっているのか?

ハウスメーカが主導となって日本の住宅産業は進んでいるからです。

僕は凄く探しました。

僕がプロとして恥ずかしくない材料を。

日本には、当然ながら僕が満足いく材料はありませんでした。

まずは外壁材。

アメリカ製

RIMG1356.jpg
RIMG1355.jpg

床材はロシアのパイン材。

RIMG1352.jpg

防音効果と結露しないサッシは、カナダ製

RIMG1357.jpg

まだまだこだわりの材料はありますが・・・。

また今度ご紹介しますね。

ではでは・・・・。




スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad