FC2ブログ

黒岩工務店の挑戦

皆様に「安心・安全・健康」な本物の住まいを知って頂くために挑戦します。

防水透湿シートは世界的信用?

壁の中の素材に防水透湿シートという重要な役割を持つ材料があります。
コレ、ピンからキリまであります。
12.3年前に驚きだったのが、安物のシートを見たとき。。。
自分ならこんなシートで家を作って欲しくない‼︎
と、正直思いました。ペラペラだったんです。
そこから、調べて調べて、今に至ります。。。
で、
T様邸です。

世界的信用のある防水透湿シートを標準仕様としています。
このシートで、今ではアディダスやノースフェイスがバックを作っています。
何が良いのか?と言うと、色々と良いのですが1番は、耐久性。
壁の中で見えなくなる部品なので交換は難しいからこそ、そこにはチカラを入れるべきですからね。
隠れてしまうところや、建物の基本や建築の基本にこそ長持ちの秘訣があると思っています。
隠れてしまうところに少々、お値段がしても耐久性の高いモノを使う事は、オーナー様にとっては願いではないでしょうか?
建物には部品や材料は、凄く種類があります。
何故その材料が必要なのか?
建物の基本事項が何故基本と呼ばれるのか?
という、当たり前の事を念頭に置いて、材料を吟味していれば材料の本質が理解できます。
材料ひとつを選ぶにしても、ただ、信用があるから。
という事で採用するのは、只のモノマネであって、自分の求めている仕様にマッチしているかの判断は出来ません。
追求している基準にマッチしてこそ、材料の特性は生きてきます。
このシートの表面のシワが求めている技術にマッチしているですよね。実は、教えてもらった工法なのですが、これ以上のシートを探して探して、みましたがこのシート以上のモノがありませんでした。
耐久性と技術のマッチがこのシートを選んだポイントです。
作り手の想いを込めて、オーナー様の想いを想像して、素材は吟味してからこそ長持ちする秘訣かもですね。
スポンサーサイト
次のページ