FC2ブログ

黒岩工務店の挑戦

皆様に「安心・安全・健康」な本物の住まいを知って頂くために挑戦します。

展示会

ちょっと気になる事があり、展示会に来ています。

面白い事に塗り壁がブームなのか?色々な塗り壁の商品をみる事ができました。
遮熱も黒岩工務店では得意な分野ですけど、遮熱材もあり。驚いたのは値段!
黒岩工務店の10倍以上の値段で売られている。。。
こういう展示会でセルロースファイバーを始めて見たのにも驚きました。
時代が間近に追いついて来た事を感じる。
正直、怖い。。。笑

大本命は、東大の先生のセミナー。
これのためにやってきました。広くわかりやすい様にエコ住宅のセミナーというお題
東大の大先生は流石に面白い話しをしてくれます。識者として国のご意見番として活躍もされているらしい。
で、
国の施策の実態やこの度、失敗した全住宅に義務付けするはずのエコ住宅化の取り組みがこれからどう展開していくか?
などなど。まぁ、建築業界も狭いもので、面白い事にこの東大の先生は、僕の友達の知り合いの知り合いらしい。
エコ住宅は、色んなところで数値で表現される。先生が言うには、
数値は設計時の検討するための参考にしかならないので体感を大切にして下さいと。
全くの同感で、僕も一生懸命に数値を勉強したけども数値を議論するのもアホらしくなって、体感を大切にしている。
更に言われるのは、材料の組み合わせについて一言あった。
良い材料ばかりを組み合わせて作るのは必ずしも良い家にはならない。建材には、水と油の様に組み合わせを考えて使わないと正しく機能をしないものもある。
現実に全館換気システムの使い方を間違えて不衛生空間を作ってしまう例もある。
現実に設計上の数値だけは高いのにボロ家というのは、存在している。建築とは、数値じゃないんですよね。
で、数値については、ほぼ忘れてしまいました。
この人、勉強が出来るだけの人ではないところが素敵だと思い信用できる。
まぁ、失敗したとはいえ国の目指したエコ住宅の義務付けは、無視できそうに無い事が確認できました。
帰ったら勉強し直しです。
あっ。
東大の先生イチオシの断熱材は、セルロースファイバーで
益々、怖くなりました。
スポンサーサイト
次のページ