FC2ブログ

黒岩工務店の挑戦

皆様に「安心・安全・健康」な本物の住まいを知って頂くために挑戦します。

住宅の構造計算

こんなに真面目に構造計算をして住宅を建てる工務店は、いるのだろうか?

と、いうくらいにやっています。

なぜなら、木造住宅は4号特例という建築基準法の中で曖昧なポジションにあるので構造計算の義務がありません。

地震の度に木造住宅の被害が酷いので、国もこの4号特例を見直しする動きです。

計算無しで経験と勘で自然災害に勝てるほど甘く無いですよね?



僕の理念としては、住まいは幸せの道具としています。

住宅にまつわる不幸が減るのなら、是非そうして欲しいものですが、なかなか法整備が進んでいないのが実情のようです。


構造計算と言っても、超高層の建物向けの構造計算から一般高層の計算は違っていますし、構造計算にも多数種類があります。

木造独自の構造計算もあります。


これまでの木造独自の構造計算に加えて許容応力度計算を加える事にしました。

この計算技術を木造で出来る技術者が少ないので取り入れるのが難しいんです。僕も何年も探して探して、今回やっと取り入れる事ができました。

プロ中のプロというプレカットメーカー担当者も驚くくらいなので、一般工務店ではまずこの取組みは無いのかなと。

木造ハウスメーカーでも許容応力度はやっていないかもしれません。基礎を見る限りはやってない様に思います。

今のところ取り入れているのは、構造を大切にしている設計事務所くらいです。


少しの費用で大きな安心を得られるのでオススメです。


友だち追加

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://opuskuroiwa.blog85.fc2.com/tb.php/1450-6b78f2b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad