FC2ブログ

黒岩工務店の挑戦

皆様に「安心・安全・健康」な本物の住まいを知って頂くために挑戦します。

枠の中だけではダメだと思ってます

ビル建築も住宅建築も同じ事をしています。

どちらも建築屋です。比較すると技術的には、ビル建築の方がはるかに難しいですが、住宅建築の方がある意味では難しいと思っています。

やっぱり、お客様の生涯をかけた買い物ですから難しいんですよね。

住宅建築を手がける様になってお客様との距離が近く、つくる事に責任の重さを感じます。

なぜなら、

住まいは、車みたいに何度も買い換えできないのに、車はトヨタが作っていますが、住まいは、黒岩工務店が作るわけですから、規模が違いすぎてまともな話ではありません。

家は、走りませんが家は一生に渡り、もしかすれば何世代にもわたり家族を守らないといけません。

阪神淡路地震を経験していた事で、法律の限界を知り、世の中の正しいとされている事だけではお客様を守れないと。

僕はそんな風に建築業界を見る様になりましたので、世間一般普通に作る住まいという行為に初めから疑問を持っていました。

住宅建築を手がけるには、知識も不足している様に感じていたので沢山のモデルハウスを見て回りますが、そこで対応してくれる営業マンに建築のプロは、どのモデルハウスにも居ませんでした。

爽やかな対応は、さすがに営業のプロというだけあって僕には永遠に無理です。

このモデルハウス、営業マン達が日本の住宅産業の柱となっている事に少しだけ悔しい様な思いを抱いたのは、良く覚えています。

そんな経験を踏まえて、プロであり続ける努力と、法律の枠にとらわれずに本当にお客様を守れる住まいというものには何が必要なのか?

と、僕らがつくる住まいに反映させ仕様化してみると、ハウスメーカーが提唱するような住まいと全く違うものになり、周りからはかけ離れた住まいになりました。

漆喰、無垢の板などは、時代に逆行している様に見える人もいるかもしれません。

構造計算も法律よりも上をやるわけですからオーバースペックになります。

住宅に宇宙の技術を使うとか、ぶっ飛んでいる様に見えるのかもです。

そんなに断熱するのは勿体ない。もっとキッチンに予算を割いた方がいい。

書けばまだまだありますが、これはお客様目線で10年かけて僕らが本当に良いものを選んだ結果を違う目線で見てみました。

20年前、30年前にはこれらの事を取り入れていたら笑われていたでしょう。

今、時代は変わってきていてどちらかと言えば、僕ら寄りに変わってきた様に感じています。

それでもやっぱり主流は、法律内ギリギリの作り、ハウスメーカーが作る流行りの住まいです。

残念ですが、これが枠だと思っています。

多分。。。

これだけでは、お客様の安全や健康を守る住まいは作れないと思うんです 。

小さな工務店でも、口先営業ではなくて、技術営業で。

作る住まいの特色をお客様に知ってもらった上で共感してもらって選んで頂いて、住まいを作る。

これが一番のストーリーだと思ってます。

だから、僕らは
万人向きの住まいでは無いかも知れないけれど、

「本物でつくる安全で健康も守る住まい。」

目先の安い高いではなくて、長持ちする住まい。

つまり、

「コストパフォーマンスが高い住まい。」

そんな目線で選ぶなら黒岩工務店。

そうありたいと思っています。

友だち追加
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/10/18(水) 20:57:53 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

先輩…。

素敵やん。

  • 2017/10/19(木) 10:53:03 |
  • URL |
  • あだちー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://opuskuroiwa.blog85.fc2.com/tb.php/1468-37243027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad