黒岩工務店の挑戦

皆様に「安心・安全・健康」な本物の住まいを知って頂くために挑戦します。

解体風景は教材




市営木造住宅の解体を見にきました。

推定 築40年弱くらいかな?

公共工事で建てられたこともあり、当時はお手本となる技術で建てられたと推測されます。

その当時、お手本となる技術がどんな水準であったのか?経年変化による劣化はどの部位に及んでいるのか?その程度は?

などなど。。。

の目線で見てみると、色々と勉強になるものです。

1つ例をあげてみてもこの建物は、屋根の防水シートは劣化して溶けて無くなっています。

現在の教科書では、改善されているところではあるのですが、それでも重要な経年劣化ポイントであるのが見て取れます。

全体に今の技術と40年ほど前の技術を照らしてみると随分な差を感じます。

では、この先40年は?と、考えてみると今の技術水準で良いのか?と疑問です。

現在、当たり前と思われている事、みんながやっているから。。。の最低水準は、この風景を考えるとおススメできないです。

それよりも、少し先の進んだ技術を選ぶ目線で取捨選択したもので割安な技術をおススメしています。

屋根瓦の下地は



これなら、おススメできます。




友だち追加








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://opuskuroiwa.blog85.fc2.com/tb.php/1508-7a110c88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad