FC2ブログ

黒岩工務店の挑戦

皆様に「安心・安全・健康」な本物の住まいを知って頂くために挑戦します。

断熱とは

この夏の灼熱。
表面温度の測定器を使って、黒岩工務店の外壁の性能を数値化してみようと思います。
まずは、コンクリートの表面温度です。

かなりの高温です。素足で歩くと火傷するレベルにまで上昇しています。水をかけると湯気が出そうです。
次、
一般的な外壁材、サイディングです。普通の住まいにかなりの確率で使用されています。

ほぼ、コンクリートと同じ。
何故ならサイディングもコンクリートも主材がセメントだからです。外壁温度がコンクリート舗装と同じ温度にまで上昇するというのが現在の住宅の常識です。
普通の住まいが夏に弱く、夏の猛暑に適していないのは、わかりやすいかと思います。
それだけではなくて、

外壁のコーキングという部材は、ゴムなのですが熱により劣化していきます。
寿命は10年とメーカー側もカタログに明記しています。僕の経験からもそれくらいの寿命しかないかと。
更に
壁がこれだけ高温になるとエアコンを入れて温度を下げたくなると思います。
このステップを踏んで過剰にエアコンを入れてしまうと、壁体内結露という住宅のガンに発展してしまいます。
知らない間に壁の中で水が発生する現象です。これは住まいとっては危険です。壁の中は、知らない間に腐っていきます。
黒岩工務店の外壁はというと、

こんな感じです。
熱を蓄えにくい構造になっています。この外壁の表面には、コーキングを使用していません。
壁に熱を蓄えてしまうと当然、室温は上がってしまいます。
黒岩工務店では外断熱も併用して使用しているので室温は上がりにくい構造を採用しています。
これは、ほんの一部の技術で、
夏対策については、屋根や床下、窓などに特別なこだわりの仕様を準備しています。
ハウスメーカーなどが作る普及している一般的なつくりの良いところはスピードとコストです。
ですが、デメリットは、寿命と機能です。
機能で選ぶと住まいには選択肢がありますが、家を建てる時にその機能とデメリットを知らずに選ぶというのは、長い時間を過ごす家を作るには、リスクになり得ます。
正しく選ぶのはオーナー様の仕事で、ご選ぶことを提案する事や見えないところでは、技術を学ぶことは工務店の業務です。
メリットとデメリットも理解した仕様の決定は、重要です。
黒岩工務店の仕様のメリットは、逆。
寿命と機能に重視しています。
そんな事を簡単な模型や実験を交えながら打ち合わせ時は、説明しています。
選ぶ時に宜しければ、住まいの相談会をご利用下さい。
ラインからでもお問い合わせできます。
友だち追加
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://opuskuroiwa.blog85.fc2.com/tb.php/1576-8a6d7510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad