FC2ブログ

黒岩工務店の挑戦

皆様に「安心・安全・健康」な本物の住まいを知って頂くために挑戦します。

価値

住まいは、どれくらい使うのか?
という長い目でコストを比較する方に黒岩工務店は選ばれている様に思います。
しっかりと比較したり、住まいを大きく見ているというのが凄いと思います。
普段の買い物でも長く使うものは、しっかりしたものを。使い捨てなら100均。
という買い物をされると思うんですよね。
ただ、建物は少し複雑なので分かりにくいと思いますが、耐用年数をしっかり見据えて選ぶとランニングコストは安くなります。
買う時だけの見た目だけのコストだけで比較するとのちには、ランニングコストがかさんでしまうとい、高くついてしまった。というのは何事にも良くある話です。
これが住まいになると、凄いんですよね。
10年で修繕する代表がベランダであったり、外壁。オーナー様がご自分でdiyでもするのならともかくですが、子育て世代になると、なかなか現実的ではありません。
現実にローコスト住宅という言葉が流行り、ひと時代を築いた時期もありましたが今はどうでしょうか?
既に淘汰されてしまいました。
理由は、簡単です。
技術を前提として安いものを作るにも限界があるんです。結局は、100均みたいに必要最低限の感じでしか作られない住まいというのは、長持ちしないんですよね。
その長持ちしない、安いが売りの住まいを量産してたどり着くのは、OBのオーナー様のご不満だらけという物件を量産している訳ですから、建物は無数にあり、後々アフターも大変です。
こうなったら、作り手の工務店もオーナー様も誰も幸せになっていないから企業としても長続きしていきません。
素材の話しをすると、
フローリングなどの化学製品は、似せて作っているので見た目は美しいです。ですが、本質までは似せる事までは出来ていないので長持ちしないんですよね。
少しハードに使っても本物は、時間をかけてアンティークになりますが、似せて作ったものというのはハードに使うみすぼらしくなってしまいます。
どうせ、建てるなら長持ちする方が建てる側も住む側もお互いに幸せだと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://opuskuroiwa.blog85.fc2.com/tb.php/1583-0dae602c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad