黒岩工務店の挑戦

皆様に「安心・安全・健康」な本物の住まいを知って頂くために挑戦します。

公共工事

技術と信頼と運?を試される公共工事
着工前から書類が凄い。。。

着工前にしてほぼ完了。
大変よく出来ました。と、言われるけれど。
現場業務を書類で表現する時代。好きになれんなぁ~。
まぁ。。。
僕が作った書類集では無いですが。

イイ家作ってます。




外断熱リフォーム。



イイ家に変わります。

友だち追加

珪藻土と漆喰

珪藻土は、漆喰の2倍の調湿性能があります。
10年ほど前にメデイアに取り上げられ、今では健康住宅の材料としても有名になっています。
特に壁や天井に使われているのかな?と想像してます。
でも。。。
これから黒岩工務店で珪藻土を使う事は無いと思います。
過去にも流行りに乗る事なく、どの住まいにも使って来ませんでした。
調湿については、漆喰で充分です。
皆んなが、使っているからいい建材。テレビに出たからいい建材。そんな目線で使いません。信頼できる基準をメデイアやネットの情報で判断はできないです。
珪藻土については、硬化誘発に問題がありそうでしたので、大丈夫かなぁ~。と、疑問もあったのでグレーな建材という位置付けをしてました。
今回、実験を通して白黒がはっきりして、過去に使った住まいはゼロであった事は、ホントに良かったと思います。
実験の最中、参加者の方々も漆喰と珪藻土の違いに驚き‼️
珪藻土は、この実験中の数値が宜しく無いんです。
足拭きマット程度なら問題無しと考えますが、自然素材の仕様には使えません。
一般住宅レベルでは問題無いかもしれません。でも、自然素材とは呼べないんです。
珪藻土にも産地や種類、製造法が違うのでしょうが、ひとつひとつを見ているほど時間も無いので、NG建材としてお蔵入りにすることにしました。
個人的には、長年のウヤムヤがスッキリする事ができました。満足。
内装の塗り壁は、漆喰を自信を持ってオススメします。
しかも、黒岩工務店の漆喰は、少し特別な漆喰を使っています。
今回、予想以上の良い結果であった事から
人体のプロの方々でも、
この漆喰で建てたい‼️
そう言わすくらいの結果がでました。
それくらい、オススメ。
友だち追加

検証

本日は、内装材の検証にきています。



一般の住まいと黒岩工務店の住まいは、色んなところが違います。

住まいの中の空気感で体感できます。一年を通して非常に快適。

その違いを目で確認するとすれば、温度計などの計測器。冬朝起きてすぐに寒いなんて事はありません。

パン実験では、パンにカビが生えません。
これはバナナでも同じで劣化にスピード差が生まれます。

一般の住まいとは、こんなにも違うという事で、ある人体のプロ集団に興味を持って頂きました。

黒岩工務店の住まいと一般住宅の比較実験しましょうね。と、軽くお話をしていたのが昨年。やっと実現しました。

具体的な人体への影響は?と

今回は、内装材を特にクローズアップしてプロ集団に見てもらい数値化してもらいました。

お客様目線ではなくて、完全に趣味の世界ですが知っているのと知らないのでは大きな差です。

実験とは、何歳になっても面白いです。参加者の中には沖縄からもという事で驚き‼️

ついでにあの珪藻土についても面白い結果が出そうです。個人的には予想通りの感じ。

漆喰は前評判以上の結果が出そう。
参加者の皆さんは、漆喰に非常に興味を持たれたみたいです。

これまでオススメしてきた事が間違いではなかった事。オススメ出来るだけの機能性は備えている事の再確認はできました。

友だち追加

現場調査 in福岡

現場調査に来てます。

ご縁があって、またも福岡。
毎年、数件は福岡方面でのお問い合わせがあります。問い合わせのほうも年々増えてきました。
今のところ、年に一棟くらいの感じで着工できてます。少しづつ増えていけばいいなぁ~。なんて、ゆるーく考えてます。
今回は、水回りリフォーム。増築。
大きい改修工事になりそうです。
ご高齢の方にも優しい空間。予算が許せば自然素材リフォームをと。
自然素材の住まいは
最近、リフォームや増築では、空気感のビフォーアフターが分かりやすく、オーナー様の評価が高いんです。
考えてみれば、リフォームでは自然素材の部屋とそうでない部屋ができるので常に比較できることから分かりやすいです。
勿論、新築でも好評ですよ。
友だち追加
前のページ 次のページ

FC2Ad