黒岩工務店の挑戦

皆様に「安心・安全・健康」な本物の住まいを知って頂くために挑戦します。

魔法のような断熱材


黒岩工務店でお馴染みの断熱材

かれこれ10年近く使っています。セルロースファイバー。

現在、A様邸で着実に準備進行中で、シート貼りをしています。

セルロースファイバーは、吹き込みという特別な作業の断熱材で手間がかかります。



断熱材でありながら多機能です。こんな断熱材は他にはありません。

その機能とは。

断熱
防虫
防火
調湿
などなど。。。

これだけの機能を住まいに搭載できるので少々、手間が増えてもスペック重視で選ぶならコレしか無いと思ってます。

スペックを左右するところは、しっかりと選んでおかないと後々に搭載しようとした時に初期以上のコストがかかる場合が殆どです。

セルロースファイバーですが、アメリカではナンバーワンシェアを誇っています。近年、日本でもジワジワと普及が進んでますね。

欲張りなくらいに高機能な断熱材です。選ぶなら、セルロースファイバーをオススメします。

友だち追加

補助金 最終ラウンド


既存建物流通に国が力を入れています。

乗れるところはシッカリと乗り、有利に使えるか分析して、使える補助金は使う。

自分ルールです。



なのですが。。。

まぁ大変です。





大変なりに今回は、ウン十万ほどはお客様に還元できます。


喜んでもらえそうで何よりです。


友だち追加



住まいの相談会 10月





その場でヒアリングしながらプランを作っていきます。

こうしたい。

そこは、違うんです。

扉は引戸です。

などなど、CADの操作をする画面を僕がみながら、お客様は、もう一つの画面を見てご要望をお伝えして頂きます。

まぁ、早い早い。

本日、約2時間ほどでしたが、ほぼプラン決定です。

本日もご満足して頂いたご様子で、後は見積もり作業に入ります。


無駄なく、ご無理無く。

仕事は段取り八分です。


友だち追加




小屋裏からと、あの男は今。



真っ暗です。
年に何回か見る光景。

実は、屋根の中に居ます。

リノベのご依頼で現地調査中です。
屋根の中には、たくさんの情報があります。

柱や筋交いの位置。断熱の具合は勿論。

いつ頃の建物なのか?

時には、どの工務店が建てたのかもわかるくらいに情報の宝庫です。

調査後は、構造図を作成。

そう。。。

おお飯のあの男の出番です。



。。。



。。。




注文した飯がなかなか来なくて。。。

箸のスピードが速く、見えないくらいになってきました。

日本昔はなし並の大盛りがとにかく凄い。。。。



とにかく、図面も正確になってきて仕事も出来る男になってきました。



リノベのプラン作成は、
新築の作図よりも難度が高いのでこの作業は、まだ僕のお仕事です。

建物調査は、経年変化を通して技術面や材料の何が良くて、何が害があるのか?


見る目を養ういい機会です。

築年数が古い建物の悪いところを排除した建物をつくれば、必然的に長持ちする家がつくれます。


長持ち目線の住まいつくりは、日々のこのような調査や経験をフィードバックさせていますので、信憑性は高いと思ってます。


何年たっても、毎日勉強ですね。




友だち追加

現地調査


福岡で初の住まいの見学会が日曜日にありました。

それから

ご相談を受けましたので、香椎のとある住宅地に来ています。

玄関向かって左側をみて。




右側をみて。



流石に写真には、撮れませんでしたが

建物の裏が驚き。当敷地の全面道路よりも低いみたいで

んー。。。

現地を見ないと図面だけではやっぱりダメだなぁと思いました。

特に

改築、解体、土工事は、現地にしか無い情報が非常に重要な事が多いですね。

危険を予測したりなど、先を読むビジョンがなにかと必要で判断の連続ですから現場を重要に思います。


基本に忠実です。

友だち追加



前のページ 次のページ

FC2Ad